2018年1月17日水曜日

Paris日記 ~レッスン~

4日間のオートクチュールレッスン
沢山の気付きと深い学びがありました


初日
素足のエクササイズでは
時差の為だと思いたいくらい
背中が反っていました

苦手な左脚では全く軸が出来ません
軸が出来ないと
後ろ足を地面から離せないと云う
自分の身体であるのに思い通りに動きません

初めての12センチ クラシックタイプ
膝のプッシュが弱くキープ出来ません
大きな原因は
ヒップの圧縮が弱さ

初めてのオートクチュールレッスンの喜びと
身体が動かない自分への腹立たしい気持ちを抱え
ホテルへと戻りました


2日目
実は前日より体調は悪い状態でしたが
背中の反り 正しい位置を自ら感じられましたが

右の腹筋が弱く落ちやすいのです
しかし
右ばかり意識すると左が甘くなります
当たり前なのですが
バランスが大切です

Parisに来て2日目にして
脚のラインがスッキリとしてきました
特にしっかりと軸がとれる右足
左右に差があるので
左と右の脚のラインも少し違います

Louboutiは
自らの軸が無いと歩く事出来ないと
強く感じさせられました
特に私が購入したハイヒールは
パテントではなく革が柔らかいので
全く支えがない感覚です


3日目
体調はスッキリと調子が戻りました

体調と共に
背中の反りもほぼ無くなり
左の軸も強く感じます
軸が出来ると
必要以上に力を使わなくて良い感覚

ハイヒール
数ミリずつは良くなっていると思いたい
少し壁から手を離せるようになりました

この日は
ゾーンに入る 又は スイッチが入る
と云われる感覚も味わいました
この感覚は大きな収穫です


最終日
昨日は無かった上半身の捻れ
調子に乗り易い私には良い薬です

捻れてしまえば軸もとれません
どうすれば修正できるのか
身体に問いかけ整えます

修正後は
レッスン当初から最も苦手だった
後ろの踵を上げるエクササイズで
キープする事が出来ました




ハイヒールでは
数歩ですが 壁を使わないで歩けました

左脚のラインもスッキリし
顕著に現れるものだと
改めて驚きます




今回オートクチュールレッスン

骨盤周りの筋肉への意識が足りない
後ろ脚の膝のプッシュが弱い
早く膝と足首を返してしまう
その為に
脹脛に必要以上の負担が掛かっていると
はっきりと自覚出来ました



ハイヒールで正しく美しく歩く為には
筋肉が必要である事は何度も綴っています
しかし
正しいポジションであることが必須です

軸がずれている状態で
そのままキープしようとすると
力任せになる為に
必要以上の場所に筋肉が発達してしまいます
また
トラブルの原因にもなります


必要な事と不必要な事の見極め
違うと分かったら無理して進まずに引き返す

これで完璧という事はなく
常に上を目指す


人生と同じではないでしょうか


Petite Étoile カトリーヌ

0 件のコメント:

コメントを投稿

ハイヒールの恩恵 〜O脚の変化〜

O脚の原因の一つに ハイヒール という事が言われている しかし ハイヒールで 正しく歩く事で O脚が改善される という事を私の脚が証明している 正しく歩く それは 確実に母趾球を捉える事 勿論 細い事は沢山あるが 先ず...